おばさんH体験談 エロい熟女

エロいおばさん熟女のSEX告白

拷問フィストファックでおまんこが裂けてゲロを吐く五十路不倫おばさん【ハードSM】

      2016/04/21

五十路のおばさんな私が
20代の若い彼氏が出来たんです

出会い系で知り合い、
夫には秘密ですが、
若い彼氏と不倫関係にありました

50代のおばさんの私が
20代の彼氏が出来る

完全に浮かれてしまい
ご近所の奥さん達を
密かに馬鹿にしていました

私はあなた達とは違うのよ!

と・・・

でも、その彼氏から
とんでもないプレイを強要されたんです

最初は優しかったんですが
どうやらSMに興味があるらしく
調教させてくれ!ってお願いされたんです

もし断ったら捨てられると思い

「調教ってどんな事するの?」

と聞くとハードSMのDVD見せられ、

「こんなプレイさせてくれ」

とお願いされたのは、
女性の膣に握り拳を突っ込んだやつ!

フィストファックというものらしい

「そんなん無理!」

とさすがに断りました

だって自分のまんこに拳が入る

考えるだけで、痛そうで
それに怖そう・・

でも彼氏ったら

「どうしてもフィストファックをしたい!」

頼まれ続け、
私も譲歩して

「フィストファック以外なら・・いいよ」

と言ってしまったんです

目をギラギラにさせた彼氏は
突然ロープを持ってきて
後ろ手で足広げた状態での緊縛してきたんです

でも、それが彼の狙いだったんです。

身動き出来ない体勢にして、
最初は大きめのバイブを入れてきて

「そろそろいいかな」

ってローション取りだして
自分の手に塗りだしたんです。

「何するの?」

「フィストファックするんだよ」

「ちょっとやめてよ!」

彼、ゆっくりと拳入れてきた。

「痛い痛い!そんなん無理やめてー!」

と言ったけど、
全く止める事なくジワジワと挿入

すっごい痛い!

おまんこが裂けるような痛みに気を失いかけた。

それでも彼氏はやめず、
拳半分ぐらい入ったとこでおまんこ全開

息苦しくなって死ぬかと思いました

彼が、

「あと一息」

って一気に奥まで突っ込んだ瞬間、
あたし

「ぎゃああー!!」

って叫んで失神した。

どれぐらい気絶してたんでしょう

おまんこが凄く痛くて目覚めたら、
彼が拳入れたまま写真撮ってた。

「おう起きたか、まだ手入ってるぞ」

って中でグリグリ動かした。

お腹をえぐられるような感じで
気分が悪くなり、吐きそうになり
拷問をうけている気分

「駄目吐きそう」

と訴えると、

「いいよ、吐けば」

と言って(ここからちょっと汚ない表現になります、ごめんね)
仰向けになってたあたしをぐるっと回して俯きにして、
また拳をグリグリするもんだから
思いっきり吐いてしまいました

拷問フィストファックなんです

それ見て変態彼氏、
心配どころか余計に興奮して

「もっと吐けや」

ってさらにぐりぐり、
胃の中が空っぽになるまでゲロを吐いてしまいました。

拳抜く時、一気に抜かれたので
まんこが痙攣するほど辛かったです。

1度入れられたら膣穴が広がったようで、
2回目はすんなり入りました。

こんな変態彼氏に何度もフィストをやられ、
おまんこが緩くなったみたいで

「お前の穴締まり悪くなったから
アナルSEXしようぜー」

って

完全に弄ばれているんです

まるでダッチワイフを扱うように
私に無茶苦茶な要求をしてくる彼氏・・

でもしょうがありませんよね

50代のおばさんが
若い男の子と付き合うには
体を張るしかありません

私は彼氏に捨てられたくなくて
もうこうなったら、フィストファックでも
アナルSEXでも何でもするつもりです

 - 不倫・浮気体験談 , ,