おばさんH体験談 エロい熟女

エロいおばさん熟女のSEX告白

母娘三人で登山旅行に出かけたら、山奥で待ち伏せしていたチンピラにレイプされて

      2016/05/26

私は妹とお母さんの三人で
女だらけ旅行に出かけました

お父さんは単身赴任中で
本当は一緒に来る予定だったので
仕事が入り女三人で旅行に行く事になりました

旅行先は山奥の旅館で
今回の目的は山登りでした

お母さんは35才で
昔から父と大学の山登りサークルで知り合って
結婚したんです

両親二人とも登山が大好きで

「ゆみ(私)大丈夫よ、
こう見えてもママは学生時代に
サークルでよく、信州のアルプス縦断したんやから
この位の山はしれてるわ」

と母にいわれてまあ、
いいかと思って来ました

「私も中学2年になって、初めて山登りやし、
留美(妹)も小学6年やから、大丈夫やよ」

「うん、お姉ちゃんやママしてるし
大船やね」

三人は山登り始めました。

 朝七時頃に登山口にきたので、
誰一人いません

すがすがしい空気で
一時間位登ったところで道が二手に分かれていて
この先土砂崩れのため
右へ迂回くださいと立て看板があるので
私達は仕方な右へのぼり始めました

「お姉ちゃん、大丈夫なん?
なんだか道奥へいくほど細くなつてるで」

「ママ大丈夫?」

「まあ、まだ8時やしあかんかったら、
引き返せばいいやから」

それがあのいましい辱めをうけるとは、
思いもつきませんでした

 大分いったところで、
妹の留美が

「トイレ行きたい」

と言い出して

「困ったわね」

母が回りを見渡しいて

「じゃあ、仕方ないから、
あの草むらでオシッコするしかないか」

留美は仕方なく草むらでしゃがむと
シャーとオシッコをしていると、
突然男が留美の口をふさいだんです

「ぅっぃゃ」

と声をたてようとしたが、
当身を食らわされて倒れこみました

「留美どうしたん」

と私が行くとそこに、見たこともない、
数人のそりこみいれた
チンピラ風の男が
私の両手首をつかみました

「キャアー」

という悲鳴で母が走ってきましたが、
同じように当身をくらわされて、
倒れこみました

チンピラ達はにゃにゃと私に近づき

「ねえちやんら三人か?」

私が恐怖でがたがたとうなづきました

「そうかあーへへ」

「兄貴上玉やで」

「ょつしゃ、みんな、手配どおりつれていけ」

チンピラは手下に私、母、妹はそれぞれ担いで、
古い山小屋へつこまれました

母は近所でも年より若くみられ、
細身でスラっとしている美人ママなんです

眠っている母が
まずスラックスを脱がされ

無理やりブラウスを剥ぎ取られると
ブラジャーとパンテイーにされました

 男は合計5人ぎらぎらした目つきで
母に群がり、パンティの上から
恥かしい場所を揉み始めます

「兄貴ええ体してるでこの奥さん」

ブラジャーもたくし上げられて
乳首に二人がしゃぶりレイプしているです

私も妹もブラジャーパンテイー姿にされ、
後ろ手に縛りあげられます

 チンピラは興奮したのか、
ズボンやシャッを脱ぐと恐ろしい刺青の背中がみえ、
母のバンテイをまさぐっていると

「ぅっっと」

母が気がつき、
自分に群がっている
鬼畜なチンピラ達をもみて

「イャアいゃー」

と激しく抵抗します。

「おとなしくせえや」

とチンピラにビンタされ

「へへこんな山奥に母娘三人くるの始めからまちがいやで」

「たっぷりええ事したるでー」

とバンテイを引きちぎられ
母のいやらしい谷間に
男の指や舌がさしこまれ
輪姦されたんです

「お願いママを許して」

と私がいうと男二人かがりで
素っ裸にされました

「ねえちゃん、みとけ今からたっぷり
お前のママとオッちゃんらがおめこするところ」

と男達はチンぽをしごきながら
母のおめこの穴へ無理やり
差し込んで強姦しているんです

「ぃゃゃ、痛いいゃ」

母に何人み変わる替わり
おめこの穴へ挿入され、
犯されているんです

そして隣を見ると
いつの間にか妹は猿轡をされレイプされている

恐怖で涙が溢れ、
私はギュっと目を閉じていると
男が私の肩に手を触れ、胸を揉んでくるんです

次は私・・

私がレイプされる

男の荒い吐息に私は震え

母の叫び声 妹の呻きを聞きながら
私は陵辱され、気づいたら気を失っていました

 - レイプ体験談