おばさんH体験談 エロい熟女

エロいおばさん熟女のSEX告白

過保護な46歳母にSEXをせがんで、性教育してもらう息子

      2016/07/15

僕は高校に入学すると
親元を離れ、学校の寮に入りましたが

母がよく学生寮に
やってくるんです

実は僕は幼少の頃から病弱で
すぐに風邪を引いたり熱を出したり
床に伏せがちだったんです

母はそんな息子の僕が不憫だったらしく

僕のいうことは
大抵の事は聞いてくれてました

その時も腹の具合が悪く
2日も授業を休んでいたので
寮長が家に電話したらしく、
突然母が来たのです

薬を飲んで随分良くなっていたので、
少し体力を付けようと言う母の言葉で、
許可を貰って外出したんです

国道沿いのファミレスで食事し

母の運転で少しドライブする事になりました

母が聞いて来ました

「何か欲しい物はないの?」

「別に」

「困っている事はない?」

「・・」

「お母さんでできる事が有れば
何でも言ってみなさい
やってあげるから!」

「俺、今凄くセックスに興味が有って、
それで勉強に身が入らないんだ
だから腹の具合が悪いなんて
本当は嘘だったんだ」

「どうしてそんな嘘を言ってまで
勉強を休むの!
そんな事は今に社会に出てから
沢山経験出来ますから
今は考えなくていいのよ」

「でも駄目なんだ
Hな事で気が散って
勉強にならないんだ
つい手が自分の物へて行ってしまうし」

「困ったわね
じゃお母さんはこれで帰るから
とにかくしっかりと気持を切り替えて
勉強してね。来年は卒業なんだし」

「母さん、今度はいつ来るの?
クルマで3時間もかかるのだし
もっとゆっくりして行ってよ」

「だってゆっくりなんか
出来ないじゃないの
ただこうしてあなたと
走り続けるだけだし。もう午後1時にもなるのよ」

「当分は来ないんだね?」

「用事がなければ
母さんも保険の外交の仕事が有るし
お客さんも待っているから
そんなに休む事はできないのよ
だから今度は多分2ケ月位先になるかも」

「じゃ頼みがあるんだ」

「何なの?」

「もう二度と言わないから
今日母さんとHしたいんだ!」

「何馬鹿な事を言うの、この子は
近親相姦は許されない事なのよ!
親子でそんな事するなんて」

「分かっていて言ってるんだ
そうじゃないと又明日から勉強に身が入らないし
外には遊びにいけないから
もやもやして夜も眠れないし」

「・・・」

「頼むよ、中には絶対出さないし
ただ母さんのか身体を
借りたいだけなんだから」

「借りたいだなんて
私は道具じゃないのよ」

「一度だけで、もう絶対二度とは
言わないから
今日だけ僕の言う事を聞いて欲しいよ!」

「困った事を言うのね
じゃ本当に今日だけよ。お父さんには内緒よ
どこへ行けばいいの?
まさかクルマの中って言う訳には行かないでしょ」

「この先にいいモーテルを
知ってるから、そこに位ってよ!」

とうとう根負けした過保護な母は、
僕の言うことを今日一度だけと
禁断の母子相姦を願いを聞いてくれました。

そのホテルは休憩で
確か6千円位だったと

親子で部屋に入り
気まずい雰囲気でしたが
すぐ僕は後ろから母に抱きつきました

そして一緒に風呂に入る事にしました。

母は46才の中年おばさんですが

下腹も出てないし、
おっぱいだってこぶりですが
僕には丁度いい大きさ

風呂に入って母の下の
マン毛を見ただけで
もうカチカチに勃起

とにかく早く
母のオマンコに入れたいと
そんな気持の状態でした

母のおっぱいを触り
自分の上を向いた物を手で擦っていると
数回で射精してしまいました

暫くは石鹸で
母の身体を洗ったりしていると
又チンコは勃起してきました

今度はベッドに行って、
ゆっくりと母のオマンコをなめたり
指を入れたりして楽しんで
時間を稼いだのです

女は同級生一人と経験が有ったけど、
その時はなんだか良く分からないまま
終わってしまった記憶があったけど

母とは場所がらゆっくりと
色々と見たり触ったりする事が
できたのです

特別嫌な顔もしなかったし
と言って喘ぐ様な事
も母はなかったです

ただ自分の息子と
禁断のHな関係になってしまっと

と言うような戸惑いの顔には
なってた様に思います

でも最後に言いました

「別に他人と浮気している訳ではないし、
自分がお腹を痛めた子
供だからまだ少しは救われるわ」

と。

ベッドの上の母の裸体は
本当に素晴らしかったです

贅肉らしきものはなく
おっぱいとマン毛の形もよかったし

なによりオマンコが左右対称で
形が整っていて美マンコでした

普通は良く本などで見ると、
結構崩れている女が多いのに、
母のは本当にいい形を保っていたのです

その回りには細いマン毛が
密集とは言えないけど

適度に生えていたし、
僕のちんぽはもう天を仰いで
痛みを覚える程になってました

正確には計った事はないのですが、
15センチは有ると思います

母のおまんこに
左の中指を入れてみました

第二間接井入ると何かに
当たってもうそれ以上は入らなかったので、
母に

「これは何?」

と聞いたのです

「突き当たりは子宮よ
そこで終わりなの」

と僕は性教育され
そして今度は指の腹で
中をゆっくり触って見ました

上の部分に襞が有るのが良く分かったのですし
下にも襞が感じられましたが
上よりは少なかった様でした

「お母さんの襞は凄い!」

「そう?その襞にあなたの
物が当たって
その摩擦でいい気持になるのよ」

母はそう性教育してくれました

僕はその襞を何度も前後に触って
感触を味わっていましたが、もう限界

指を抜き、母の上に乗ると
そのままスッーとちんぽは
母の中へと挿入されました

その気持のいい事と言ったら
もう言葉ではいい表せない程

さっき出したばかりなので
今度は急いで腰も使わない様に
気を付けながらゆっくりと
動かす事に専念

前後にゆっくりと
おまんこの感触を味わいながら

ちんぽを動かす度に気持良くて、
女の身体は男にとっては何て
幸せなんだろうとつくづく感じる

やがて母も少しづつHな声を出し始め

やはり女として入れられている事に
感じてしまった様

大きなエロ声ではなかったのですが
おまんこからのエロ汁が出ている様で
僕のちんぽの動きも
一層滑らかに

僕の左手は母のおっぱいを
揉み続けていたけど

揉む角度を少し変えるだけで
ビンビンちんぽが反応し
いい気持になってくる

今度は母に後ろからしたい

と言って母を起こし
僕が犬の様に母のお尻かに乗りました

今度も一度で入ったし、
又違った感覚で母のおっぱいを両手で
揉みながら腰を使うと
最高の気分を感じました

凄く深く入っていたし

入れる時より引く時の方が
ちんぽの気持は良かった様に思いました

2.3分も経つと
限界になりそのまま背中の上に
射精して終わったのですが

母親との母子セックスが
こんなに燃えるものとはおもわなかったし
気持いいものだとは今まで
感じなかったのは当然だったと思います

経験がなかったのですから
当たり前ですが

もう他の女には
関心がなくなりつつあるのが怖いですし

過保護な母とはこの寮に来る度に
やはり禁断の母子相姦をしているんです

もう1年近くになるし、
8回位はセックスしました

一度は母が生理だったので、
仕方なく口の中に出して処理した事がありますが、
やはりおまんこの比ではなかった

あの襞の感触は絶対僕以外の人には、
たとえ父でも味合わせたくない
思いになってます

友人は相変わらずその話になると、
お前の母とやれるように工作しようと
誘って来ることが有りますが

僕の母ですから僕だけの
おまんこにしたいと思い

絶対に誰にもお母さんのオマンコを渡したくないし
僕が独り占めしたいんです

 - 母子相姦体験談 ,