おばさんH体験談 エロい熟女

エロいおばさん熟女のSEX告白

元患者の70歳垂れ乳お婆さんとプールデートして水中SEXする医者

      2016/07/21

私は医者でして、
勤務している病院に
お婆さんが入院してきました

名前は千代さん

年齢は70歳の老婆ですが
決して老いた印象は無く
元気で綺麗な美老婆でした

頭痛がするとのことで
診察を受け

70歳という年齢もあるので
大事を取っての入院させたんです

担当となった私は
お婆さんの身辺の世話をしました

ある日の事です

お婆さんのベットの
カーテンが引かれています

私は声をかけましたが
返事がありません

「まさか、急変したか」

と思った私はカーテンを開けました

なんとお婆さんは
着替え中だったのです

大きな垂れたおっぱいが
ポロンと出ていました

弛んで物凄く柔らかそうな垂れ乳

それに年齢の割に
肌は肌もきれいでした

とっさに

「すみませ」

と謝りましたが
お婆さんの垂れ乳に
チンコはギンギンに
勃起してしまったんです

その夜、今まで高齢熟女に
興味がなかった私は
70代の超高齢者の患者をオナネタに
オナニーしてしまいました

次の日謝りに行くと
お婆さんは忘れたかのような表情で

「一緒に散歩したい」

と言ってきました

病院の中ならと
思い歩いたのですが

歩き始めて気づいたのですが
お婆さんはノーブラでした。

またズボンも薄地で
ケツの形がはっきりしていました

病院でなかったら
犯していたと思います

お婆さんはすぐに退院したのですが
後日彼女の夫から電話がありました

今度の週末に
所用で不在になる

ついてはと千代と
温水プールに行く約束だったが
妻はどうしても連れてけと

子供たちは拒否され、
頼める人がいない

何とかならないかという電話でした

ほかの人だったら

「患者のわがまま」

と思ったのですが

千代さんとデートできると思うと

「いいですよ」

とすぐ答えました

待ち合わせ場所を確認し
私が車で行くと
ご主人さんと立っていました

シースルーの上着にパンタロン姿

メイクも控えめできれいな感じで
美老婆といった出で立ち

早速助手席に乗ってもらいました

横目で見るとシースルーの
上着がセクシーです

運転して間もなく
千代さんが話し始めました。

「先生、あなたに興味があったの
知ってた?わざと裸見せたのよ」

私は驚きました

相手は70代のお婆さんです

てっきり私のエロい視線には
気づいてないと思ったんですが

老いても女性なんです

「すごい驚いたのね
でもそのあとから先生を見る目が
ふふ。だから挑発したのよ
固くなっていたんでしょ
今回の事もあなたと
二人きりになるためよ」

とまるで悪女になったように
美老婆が微笑むんです

私は次第に焦ってきましたが、
同時に勃起してきました

途中の野原で止め、
千代さんの手を
股間に持っていきました

「すご~い。やっぱり固い」

と言いながら千代さんは
ズボンをおろし
僕のチンポを咥えフェラチオしてくれました

「おっぱい触って」

と美老婆は
おっぱいに手を誘導します

垂れて柔らかい高齢者のおっぱい!

老婆の舌づかいは上手で
カリ・袋・竿などまんべんなくしゃぶります

そのうち手コキで
しごき始めます

イキそうで生かせない感じが気持ちよく

「あ~」

と声を出してしまいました

「口に出していいよ」

と思わず口内放出しました

「続きは後で」

とプールにつくと
お婆さんは黒のワンピース水着です

お尻の形も見え、胸も見えます

人影のないところに行き、
水着をずらしてマンコに入れ
70代のお婆さんと
水中ファックしてしまたんです

お婆さんのマンコはぬるぬるで、
チンポが溶けそう

「ヒッヒィ~」

とお婆さんは
声を上げ腹上死しそうな
イキ顔をみせてくれる

そのうち腰も振り出しました

締め付けの良さに我慢できず
正常位で、まずは1回目の老婆SEX

そしてプールから出た後
ラブホに行って

バックでアナルを
指で触りながら2回目

3回目は顔面騎乗から
騎乗位で放出しました

70代の閉経した老女なので
全部中出し

その後も関係は続いていましたが
娘のいる家に引っ越すとのことで
痴女なお婆さんとの
情事は終わってしまいました

70歳になって
老いても綺麗な女性といのは
素敵ですね

 - 痴女体験談 , ,