おばさんH体験談 エロい熟女

エロいおばさん熟女のSEX告白

【熟女レズ】双頭バイブでビアンな美魔女と初めての女同士SEX

      2016/07/21

エクササイズする為
近所のスポーツジムに通いはじめたんです

時間帯が一緒なのか

スポーツジムで良く会う
アラサーのセレブみたいな
美魔女がいたんです

女子ながら私は
その年上の美魔女を
綺麗な人だなーって思っていたんです

そしたら、向こうから
最近話しかけてくれるようになり
ジムのあと

「一緒にご飯に行こうよ」

と誘われたんです

女同士だし
セレブ風の綺麗な女性だったので
私は気を許し、
ふたつ返事でOKしたんです

「私の家の近所に
おいしいとこがあるの」

という事で
ジムのあと二人でそこにいったんです

そこは洋風の居酒屋

車だった私は

「車なんでお酒は」

と断ったのですが

「少しなら大丈夫!
それに、いざとなったら
泊まっていってよ」

「でも、旦那さんに悪いですよ」

と言うと

「うふふ、私、独身よ」

と言うんです

てっきり私は結婚している
人妻だと思っていたんですが
どうやらシングルらしんです

私は、つい甘えてしまい
勧められるままついつい
お酒を飲み過ぎてしまい
泊まってゆく事に

「ごめんね
来客用布団今ないの、
一緒に寝てもらっていい?」

「いや、いいというか
悪いというか
私が押しかけ他わけだし
なんかすいません」

そういうと

「気にしないで
かわいい!」

といいつつベッドの上で
抱き締められて、頭をなでなで

お酒が入ってた事もあってか、
なでなでされて私もトロンとしてきて

「まなちゃん(私)かわいいよね」

そういわれて、
触れるようなキスをしてきたんです

私は女同士なのに
普通に受け入れてしまったんです

「ほんとかわいいよ」

そう言いながら、
今度は舌を絡めて優しくキス

唇と舌を使って
すごく優しいキスをされて

もう、思考完全にストップ

レズKISSは初体験なんですが
気持ちいいんです

キスだけで体中の力が抜けて
そのままベッドに倒れこみました

舌を絡めながら
レズビアンな美魔女は
胸を服の上から優しくさわってきて

「あっん」

それだけで喘ぎ声が
でてしまう私に

「すごいかわいい声ね」

美魔女はそう言うと
直接乳首をすごい
指使いで触ってきました

いつの間にか胸ははだけて、
右乳首を触りながら左は舌で転がされ

「あっんっはあっあっ」

「エッチな声だすね
うれしいよ」

と言いながら、
下着に手を入れ手マンされたんです

もう、気持ちいいばっかりで
この時点で何も考えられなくなってました

舌を絡め
ベロチューキスしながら
右手で乳首、左手で手マン

「あっダメっあっっんっ」

「好きよ ほんとかわいい
もっと感じて。聞かせて」

そんな事言われたら

あぁっ私も

「あっ…好きっ」

って告白してしまい
すっかりレズHに魅了され
私からも激しく舌を絡めてベロチュー

指使いがすごくて
クリトリスとか

奥の突き方とか
今まで経験した
男性とのどんなエッチなより
気持ちよくて

「舐めるよ」

「えっやっあっ
あああぁっ!」

「ぺちゃぺちゃいう
Hな音かすごく興奮するね
かわいい もっと感じて」

「こあっ れっ むりっあっ」

そしてレズビアンな美魔女は
双頭バイブを私とお姉さん自身に入れ

もう夢中でキスしまくり
乳首も胸も、全身性感帯のようなかんじ

「あっあっん」

「いって!あっ好きよ!」

「あっっイク
あっぁぁっん」

キスしながら抱き合って、
双頭バイブで絶頂したんです

いった後もずっとキスしてて
そのまま二回目のレズSEX

もう、ほんとに、
今まで経験したエッチはなんなの?

くらい気持ち良くて

女性同士の背徳感はありますが、
素敵な美魔女さんの気持ちと
気持ちよさに負けて
付き合う事になりました

今までノーマルだと思っていたんですが
どうやら私もレズビアンの
才能があるようなんです

 - 大人の恋愛体験談 ,