おばさんH体験談 エロい熟女

エロいおばさん熟女のSEX告白

お掃除フェラでザーメンを飲んでくれる五十路お掃除おばさん

      2016/10/15

素人熟女フェチの俺は
清掃員のおばさんに
チンコを露出して
見せつけた事がある

記念すべき清掃員のおばさんに
チンコを見せた場所は
ホームセンター

お掃除おばさんが入ったあと

他の客がいないのを確認して
あとからトイレに入った

トイレに入ったとき
一瞬清掃員と目があったような気がした

掃除のおばさんは
50才くらいの年増熟女で
髪はセミロングの細身の人

おばさんは一番奥の
小用便器を中腰で掃除中だった

俺はひとつ離れた
小用便器の前に立った

それもわざとおばさんに
見えるように、不自然と思えるくらい
便器から離れて立った

その日はジーパンだったので、
ベルトをはずしチャックと
パンツを下ろして
チンチンをぽろりした

その時点で俺のペニス
はもうビンビンに勃起

俺はわざと右手一本で
根本のほうを握り

左側にいるおばさんの
ほうを見ながら
チンチンを上下に振った

清掃員のおばさんは
掃除をしてるふりをして
手を動かしていたが

その目はしっかりと
俺の硬くなった下半身を
ガン見している

しかし、お掃除おばさんは
すぐに掃除をやめ

洗面台のほうに立って
移動してしまった

「やはり、あからさまに
見せすぎたか」

そう思っていると
こんどはなんと俺の立っている
便器のすぐとなりの
小用便器の掃除を始めた

「まじかよ!この流れだと
お掃除オバサンとSEX出来るか?」

俺は心臓が
飛び出るくらいドキドキした

そして興奮した

「よし、こうなったら
たっぷり見せつけて
おばさんを興奮させてやろう」

おばさんはすぐとなりの
便器の前に中腰になると
俺ににむかって、

「となりの掃除を
させていただきます
気にしないでごゆっくりどうぞ」

と言った

俺も

「あっ、はい
今、ちょっとおっきくなっちゃって
時間がかかりますけどいいですか?」

と、緊張しながらわざと聞いた

するとお掃除おばさんは
ちょっと顔を赤くして笑いながら

「えっ、ええ、結構ですよ
なるべくそっちは
見ないようにしますから」

と言って掃除を続けた。

いちおう形だけでも
オシッコをしようと思ったが
ベニスが勃起していると
なかなか尿が出ない

しばらくそのままでいると
となりにいる掃除のおばさんが

「緊張してると
おしっこ出ないでしょ」

と、俺に言ってきた

おばさんの顔を見ると
俺のチンチンを堂々と見ている

俺も

「すいません
勃起してなかなか出ないみたいで」

「いいのよ、
若い人はほんとに元気ね
そのうえあなた立派なモノ持ってるのね」

「そんな、全然立派じゃないですよ」

「すごい立派じゃない
普段から先もしっかりムケてるでしょ」

「まっ、いちおう
でもただムケてるだけで
おっきくないですよ」

「先がすごい張り出してるのね
立派な形してるわよ」

と俺のペニスをうっとりした
顔をしながら見ていた

掃除のおばさんに
じっくり見られながら
そこまで言われると
俺も

「次はこれをなんとかして
握ってもらおう」

と思い
さらにビンビンに勃起

「大きさや形は
自信はないけど
若いから硬さには自信がありすよ」

と言うと、おばさんは
嬉しそうな顔をして

「本当?でも確かにすっごい
コチコチみたいね」

と返してきた

その言葉を聞いて俺はすかさず

「ここ握ってみて下さい!
今コチコチですから」

お掃除おばさんは

「ほんとにいいの、握って?」

と言いながらも
俺のチンチンを握る準備か

掃除用の手袋を
さりげなくはずした

もう オシッコのことなんか
どうでもいい

あとは他の客がトイレに
入ってこないことを祈った

俺は、相変わらず中腰の
お掃除おばさんの目の前に

ビンビンに立った息子
を向けた

そして握っている手を離し

わざと見せつけるように
上に向かってペニスを
反り返らせた

「うわ すごい!」

スケベな顔をして
お掃除おばさんはそう言うと
ちょっとためらう素振りをみせ、

「やだ
なんか恥ずかしい
じゃあちょっとだけね」

と言って右手で
軽く根本のほうを握った

俺はおばさんの手の中で
どんどん血液が
集まっていくのが分かった

「もっと強く握って下さい
硬くなってるのがよく分かりますよ」

俺はお掃除おばさんに指示した

「このくらいの強さでいい?」

おばさんは握っている
右手に力を入れた

掃除おばさんの
エロエロな表情に釘付けだった

そしてペニスにグッと力を入れ
お掃除エロおばさんの
反応を見ようとピクピクさせた

するとおばさんは

「すごーい
手の中で元気にあばれてるよ」

そう言いながら、ペニスに顔を
近づけ亀頭のあたりを見ている

俺の亀頭は、おばさんの
エロい表情といやらしい言葉で
赤黒く光っていた

逆に淫乱痴女な
お掃除おばさんの方が

俺のからだの反応を
楽しんでいるよう

俺は正直
手コキ未満の握られているだけで
もう爆発寸前

しかし何とか射精我慢して
必死にこらえると
おばさんに

「手を動かして見てください
最高に元気になりますから」

と言って、手コキを誘導した

「しごいていいの、
こんな感じ?どう?」

おばさんはリズミカルに
手を動かしだした

先端からはすでに
チンポ汁がこぼれている

痴女な掃除エロおばさんも
それには気づいているだろう

俺は逝かないように
こらえるのが精一杯だった

「どう気持ちいい?
すっごい硬いよ!」

トイレ内にはペニスをしごく
クチュクチュというエロい音と

ふたりの息遣いが響いていた

さっきまでは客と
掃除のおばさんの関係だったが

今は若い男と
その男を逝かそうとする
痴女熟女の関係になっていた

「ほんとはわざと
オチンチン見せたんでしょう
触ってほしかったの?溜まってるの?」

お掃除おばさんは
すごいヤラしい表情で
上目づかいに俺のほうを見ながら言った

「おばさんが色っぽくて
俺の好みのタイプだったから」

「ほんと?お世辞言っちゃって
でも嬉しい、こんなに私の
手の中で元気になってくれて」

そう言いながら
右手の動きを早くしてしごき続けた

「どう?気持ちいい?
すっごいシコシコしてる
無理に我慢しなくてもいいわよ
イクとき言ってね」

と笑顔で俺のほうを見た

「俺、もうまじで逝きそうです
おばさんの目の前で出ちゃいます!」

そう告げると、

「ほんとに出そうなの
いいわよ目の前で思いっきり出して」

と言って、さらに右手に力を込め
手コキしてくる

時間にしてどのくらいだろう

握ってもらってから
3分ぐらいにも感じたし

5分近くしごいてもらって
いたようにも感じた

俺はおばさんに
イク瞬間を教えることができずに果てた

しかし、おばさんは
俺がイク瞬間を右手や
俺の息遣いで感じとったのか

発射された白濁したザーメンを
タイミングよく口で受けてとめてくれて
ザーメンを吸い出す為に
尿道責めのお掃除フェラで
ザーメンを飲んでくれた

そして、ちょうど
お掃除エロおばさんとの情事が
終わって俺がチンチンをしまって
ジーパンのチャックを閉めてるところに

他の客の兄ちゃんが
トイレに入ってきた

だから時間にして
全部で5、6分の出来事だったかもしれない

けれど、俺にとって本当に
官能小説の主人公になったような
極上にエロい気分でした

射精後のお掃除フェラも
気持ちよくて
またあのお掃除おばさんに
会いに行こうと思います

 - 痴女体験談 , ,