おばさんH体験談 エロい熟女

エロいおばさん熟女のSEX告白

44歳の独身おばさんが年下彼氏にセフレ扱いされてショックを受ける

      2016/12/30

結婚する機会に恵まれず
44歳のおばさんになっても
私は独身なんです

仕事は大きな倉庫で
事務員をしているんですが

最近20歳年下のバイト君に
ハマってしまっているんです

彼は24歳のフリーターで
倉庫内作業をしています

イケメンタイプじゃないけど
すごく優しい子で

最初は食事に誘われたりして
楽しく飲みに行っていたんですが

ドライブに連れて行ってくれた時に
年下の彼にちょっとエッチな事を
されてしまい、その翌日
私の部屋で結ばれてSEXしました

40代な私は弛んだおばさん体型を
20代の彼に見せるのは恥ずかしかったけど
とても丁寧に愛撫してくれて
愛してくれたんです

それからは、ほとんど毎日
私の部屋に来るようになって
泊まって帰るかんじだったんですが

今では完全にエッチ目的で
SEXが終わると直ぐ帰ってしまいます

私もここを読む位なので
エッチは好きな淫乱熟女なので
求められるのは凄く嬉しいけど

最近は飲みに行く事も
ドライブも全く連れて行ってくれません

 先日会話から女の陰を感じて
悪いと思いながらシャワーの隙に
携帯をチェックしてしまいました

当日の日付で女の子の
名前のメールがあったので、
読んでみると

相手は紛らわしい名前の男の子のようで
私の事らしき事が書いてありました

セフレと一発やってから行くから

みたいな事が書いてありました

 ショックでした

問い詰めようと思いましたが、
おばさんの私が振られて終わりという
結末しか見えなかたったので
見なかったフリをして
彼はそのまま帰りました

今年のゴールデンウイークは
彼の親友のK君が来て
3人で家飲みをしたんですが

K君の前ではちゃんと
「俺の彼女」と言ってくれて
エッチな話し90%で盛り上がり
楽しく飲みました

私は先に寝てしまいましたが
朝起きると私の横には彼がいて
K君は床でいびきをかいて
寝ていました

 なんかとても嬉しくて
先日のメールの件など忘れ
彼の可愛いおっきくなっている
おちんちんで遊んでいると
直ぐに目を覚まし

「フェラしろよ」

と低い声で言われました

K君が横にいて朝日が
差し込む明るい中
口で出してあげました

3人で朝食をとって彼と
K君は帰りましたが
やっぱり一人になると不安で一杯なんです

私は年下の彼と
結婚も考えているんですが
友達に言うと

「絶対結婚なんてする気ないよ
結婚を望むなら
別れた方がいいよ」

と言われます

友達には言えませんが、
彼はほとんど毎日求めてくれるし
エッチ相性が凄く良くて
別れるのは考えられません

本当に彼の事が好きで
結婚したいんですけど。。
無理なのでしょうか

 - 大人の恋愛体験談