おばさんH体験談 エロい熟女

エロいおばさん熟女のSEX告白

童貞眼鏡な乙女男子に胸キュンした人妻が筆下ろし

      2017/01/11

夫が単身赴任中で暇だったので
ママ友から教えてもらった出会い系サイトで
ちょっと遊んで見る事にしたんです

プロフィールは27歳専業主婦って書いて

本当は30歳なんだけど
20代に見えるって言われるから
ちょっとだけ鯖呼んじゃいました

 そしたら一人の男性から
返信がきました

相手は会社員で
写メはちょっとオタク臭い感じのメガネ君

独身で彼女無しだって

それからこの眼鏡のオタク君と
メールするようになって
一度実際に会ってみる事にしました

メールはエロ話はしなかったし
とりあえず日頃の主婦業の息抜き気分で
大好きなアジアご飯の
お店に行くのみの予定でした

夕方に目的のアジアンな
ご飯屋さん近くの駅で待ち合わせ

私は少し早めに着いたので

「モーヲタとかだったらどうしよう」

とか

「家に連れ込まれて
コスプレしてくれと言われたらどうしよう」

などキモオタ男子を妄想して
恐怖で震えながらも柱にもたれて
彼の到着を待ってました。

 少しすると

「着いたけどどこ?」

と電話が来たので場所を教えると
ちょっとオシャレなオタクキター

ジャケットもパンツも
気を使っているけど
いまいち無難すぎるよ、メガネ君

可もなく不可もなくという感じ

髪もちょっと天パーぽいし、
やっぱりどこかオタクっぽいですよ

緊張してるのか「○○さんですよね?」
と言う声も上ずっていて面白い

「そんなに緊張しないで
リラックスしてよー」

などと人妻の余裕を見せながら
歩いてお店へ

通された席が対面の
二人掛けテーブルだったので
彼が更に緊張したみたいで
眼を合わせてくれませんよ

なんか変な方向向いてます

この人大丈夫なんでしょうかね?

とりあえず

「○○君どこむいてんのー?
こっち向いてよー」

と声をかけたら

「何か照れくさいんだよ」

とかなんとか言ってますが、
なんとかこっちを向かせることに成功!

なんだか珍獣のブリーダーになった気分

お酒やご飯が来てからは
話が弾むようになり

ぶっちゃけ話なんかも
してくれるまでになり、一安心

それなので私もついつい調子に乗って

「じゃあ今夜一晩どう?」

などとセクハラトークしてしまいましたよ

そうしたら彼が急に真剣な顔になって

「本当に!」

と食いついてくるのから
ビックリ

草食系の眼鏡オタク君だと思ったら
SEXに飢えた肉食系だった?

それで、なんとなく空気が
変わってしまったので居づらく
お店を出ることに

会計は彼が払ってくれました。

うーん、いい人だ

ありがとう

店を出て「これからどうする?帰る?」
と聞くと、「どうしよう?」
と逆に切り替えされてしまいました

「じゃあ帰るか」と言うことになり
駅に向かいながら歩いていると

「○○ちゃん、さっき言ったたこと
本気で言ってた?」

とちょっと離れて
歩いていた彼が聞いてくる

「へ?なんのこと?」

と聞くと下向いて
「やっぱなんでもない」とか言うのです

さてはさっきの
セクハラトークのことかなと思い

「さあどうでしょうね?」

とか言ってからかっていたら駅に到着

今回はエロ無しです
と思いましたが彼が一言

「○○ちゃん、別に変な意味じゃないけど
良かったら家に来ない?」

いや、それは絶対
変な意味で誘ってますよね?

などと思いましたが、
夫も単身赴任中で私は今フリーの身!

ここで逃げたら
何も面白くないと思い誘いに乗ることに。

 ただし彼の家は
私の家の逆方向なので私から

「家遠くなっちゃうからラブホ行こうよ」

と誘ってしまいました

驚いた顔で「いいの?」
とか聞かれたけど、スルーして
途中コンビニにでお買い物してから
とっととLHに向かう

彼はすっかり無口に

LHにはいると

「こういうホテル初めてなんだよね」

とオロオロしている彼

男と女の立場が完全に逆になってる

ずっとうろうろしてるので
「ソファにどうぞ」
とすすめてあげたらやっと座る。

 コンビニで買った
暖かい飲み物を彼に渡して
くだらない話をすると
やっと落ち着いたみたいで

「すごいよね、本当にボタン押すと
キーがでるんだね」

とLH初心者丸出しトークで笑わせてくれる

密着してソファに座ってるのに
全く手を出してこないので
様子を伺うために腿の上に
手を置いたりしてみるとビクンと良い反応

急に俯いたと思ったら

「実は俺、この歳でまだ童貞なんだよね」

と一言

 あぁやっぱり童貞君か

はっきり言って態度で
バレバレですからね、メガネ君

「どうしていいかわかんない」

と言って照れながら腰に
手を回してきたので

「いいよ、私に任せて」

と言い私からキスして
筆下ろししてあげる事にした

すごく照れていたので可愛くなってしまい、
たくさんキス

メガネを外してあげて、
本気でDキスするとビクンとして愛らしい

何か私が幼い男の子に悪戯して
逆レイプしているみたいな気分になってくる

それで、背中を愛撫しながら
Dキスして脱がし始めようとすると

「ごめん、シャワー浴びてない」

と泣きそうな顔して乙女な事を言ってきたので
一緒にシャワー浴びる事に

包茎ティンコを剥いて洗って
あげたらいい声出すので、
楽しくなっちゃいましたよ

そして私も彼に洗ってもらって、
ベッドへ

しばらくベッドでDキスしながら
背中やら内股やらを愛撫

 Dキスもぎこちなくて新鮮でイイ!

彼は胸を触ってました

結構な間焦らしてからティンコを触ると
もうヌルヌル

ヌルヌルを使って片手で
亀頭を触りながら、もう一方の手で
彼の手を胸から下に移動

ぎこちなさが気持ちいい

そしてフェラしようと
口を寄せたらいきなり発射!

うーん童貞君とすると
こういう予想外のことが起こるから
面白いんだよね。

「ごごごめん」と動揺している彼に
「仕方ないよ」とか言いながら
ティッシュで亀頭を拭いてあげる

しばし休憩

しかししばらく休憩してもティンコは
ガチガチだったので、フェラ

「ふわぁ どうやってるの?」

とか息も絶え絶えに聞いてくるので
サービスしちゃいましたw

攻守交代と言うことで、
教えながらオマンコを
舐めてもらう

なかなか筋がいいので
乙女男子な童貞くんにペッティングされて
恥ずかしながら乱れてしまいました。

 そしてとうとうゴム付けて
筆下ろし!

正常位でしていたのですが、
彼が初めてで慣れていないせいか
すぐ抜けてしまうので焦れったくなり
いったん抜いて騎乗位で挿入

彼がすぐいってしまいそうになるので、
しばらく動かないでキスしたりしながら
緩急付けて動きました

私も満足した頃に激しく動いて終了

まだ時間はあったので終わった後も
一緒にシャワーを浴びて、
ソファで会話してました

「エッチってこういうもんだったんだね」

と、嬉しそうに言っていて面白かった

しばらく会話してからLHを出る

LH代は彼が払ってくれました

ありがとう

駅までくだらない話をしながら歩き、
駅で解散しました

タクシー乗り場で彼がギリギリまで
手を振っていたのが可愛くて胸キュンしました

テクニシャンな男もいいけど
こういうウブな乙女男子を筆下ろしするのも
なかなか興奮してしまうんです

 - 筆おろし体験談 ,