おばさんH体験談 エロい熟女

エロいおばさん熟女のSEX告白

ウンスジをつけるデブでブスな五十路おばさんと擬似SEX射精【オーバニー着衣】

      2016/01/30

寒い冬の時期に、
タイツを履いているババアってエロいですよね

最近流行なのか?

黒タイツを履いているおばさんがいて
妙にエロくて、タイツを引きちぎって
マンぐり返しでオシッコ臭いおばさんのオマンコを
舐めてやりたいって思っていました

そんな時、チャンスがやってきたんです

保険のことで時々おじゃましている
56歳の高齢おばさんの知子さん

顔はブスだが、程よいデブな高齢おばさん

まさに私好みのババアです

旦那は定年後再雇用で昼間は仕事。

知子さんも仕事を辞めて5年ほど経ち、
最近は家で持てあましている感じ。

少しパートをして、あとは教養講座に
行ってらっしゃるようで、
お金には不自由なない方はいいですね。

月に1度くらいおじゃましては話し相手になり、
保険の掛け金も増やしてもらっていました。

どうやら保険は、
デブスおばさんの老後のへそくりのような感じ

1年ほど前から昼間暇なとき
映画を見たいというので、
DVDを借りてくるように言われました。

保険業って老人達の
何でも屋的な存在で
軽いお使いぐらいならしてあげるんです

自分で借りたら良いのに思うのですが、
この年でレンタルに入るのは恥ずかしいというので、
ぼくが1週間レンタルで
いろいろなお店で借りてくるようにしました。

ご主人は映画には興味がないので
DVDが家にあっても何も言わないようです。

最近ではお茶をいただきながら
1時間ほど一緒に見ることもあります。

ぼくの年齢は30歳。

別に変な気も起こさないと思っていたのでしょう。

でもぼくの方はもう我慢ができなくなり、
見ている途中からデブでブスなおばさんの手を
握ってしまいました。

「どうしたの」

「知子さんと会っているうちに
好きになっちゃいました」

「ええこんな50代のおばさんを」

「好きなんです。この身体が
お願いです。
一度服の上から抱きつかせてください」

しばし沈黙後

「いいわ。内緒よ」

「もちろんですよ。
知子さんもしたいんでしょ」

「もう10年以上も主人とのHはないわ。
だって主人がEDになってもう立たないんだもの」

「それは寂しいですね」

「抱きついて触ってくれるだけならいいわ。
でも中はだめよ。子宮の病気をしてから
膣がせまくなってるの」

「自分で慰めているんですか」

「たまにDVD見ながら指で慰めるわ」

「そのためにぼくをつかってるんですか」

「いじわる。もう話はしないで抱いて」

ぼくは床からソフアーに腰掛け知子さんにすりより、
服の上から乳を揉みました。

その日の知子さんはカーデガンに
紺のロングスカートに黒タイツ

黒で網の毛糸の靴下が見えました。

Dカップのようなやわらかな
乳をブラジャーの上から揉みました。

そのうち「あーあー」と声が漏れ出しました。

「久しぶりでしょう」

「気持ちいいわ。黙って揉んで」

それからしばらく揉んでいると知子さんから

「服を脱ぐから乳をすって」

のお願い。

淫乱でデブスな知子さんは
自分で服を脱ぎ乳を包むブラジャーもはずしました。

ぺろんと少し垂れたおっぱいが見えました。

ぼくは我慢できず床にひざまずき
知子さんに覆い被さり左乳を吸いました。

「ごめんなさい。右の乳の方が感じるの」

ぼくはすぐに右乳の乳首に吸い付きました

「あー」と大きな吐息。それから吸っていると

「あーあー。いーいー」ともだえる声。

ぼくは知子さんをソフアーに寝かし、
ロングスカートの上からマンコのあたりを
まさぐりました。キスしようとすると

「このまま吸って、私、乳首が性感帯で感じるの
久しぶりに気持ちいい」

それからぼくはロングスカートの中に
手を入れスカートをたくしあげました。

知子さんの靴下は黒の毛糸のオーバニーで
パンツは肌色で柄のあるおばさんパンツでした。

パンツの上からさすると

「もっともっと」

パンツの中に手を入れると
少しぬるぬるしていました。

でも五十路デブスおばさんのオーバニーに
出会うのは初めてだったので興奮

黒タイツじゃありませんが
オーバニーもかなりエロい下着

クリトリスのあたりをさすっていると

「いくー」

と大きな声。

そのまま2~3回足をすくめ身体を揺らせました。

ガチイキしたようでした。

しばらくの沈黙後、

「気持ち良かったですか」

「よかったわ」

「知子さん、オーバニー履いてるんですか。
ぼくは黒タイツや網タイツフェチなんだけど、
興奮しちゃった」

「家ではいつも履いてるのよ。
タイツは面倒くさいし、ズボンはお腹が出てるので嫌だし、
寒くないので春になってもロングの下はこれよ」

「そういえば、
知子さんいつもロングスカートですね」

「そうよ。フレアーは動きやすいし、
オーバニーはトイレも楽だし」

「知子さんのパンツ嗅がせてください」

「恥ずかしい
臭うからダメ」

でももうぼくはスカートをもい一度たくし上げ
肌色のパンツを上からにおいました。

確かにプーンと強烈なおまんこ臭と
オシッコのにおいがしました。

パンツのクロッチの部分も茶色

オシッコのにおいがしました。

「いやーやめて。汚いから」

「ぼく汚いのが好きなんです」

知子さんはパンツを持っていましたが、
ぼくはその手を振り払い、パ
ンツを一気に膝まで降ろしました。開けてびっくり

マン筋と生理の筋と後ろには
ウンスジが付いていました。

臭いはずです。

プーンと激臭が辺りに漂いました。

これ以上マンコをなめようとは思いませんでした。

「結構においますね。知子さん」

「だから言ったでしょ。におうって」

「でもこの汚れたパンツがいいんです」

「変な趣味ね。」

「今度はぼくのを気持ち良くさせてください。
スカートを脱いで、しゃぶってください」

「いいわよ」それから知子さんはスカートを脱ぎ、

パンツをはき直して、今度はぼくがソフアーにすわり、
知子さんが床にひざまずき、ぼくのチンポをなめてくれました。

こんなことするのは10年ぶりだそうです。

「知子さん上手ですね」

「勤めていた職場の上司と
2~3年つきあっていて教えてもらったのよ」

「45歳ころですか」

「そうね。あの頃が一番Hしたくて。
でも大人の関係だから。上司の転勤でお別れよ」

「それ以来ですか」

「そうね。主人には結婚した頃してあげたかな。」

「ご主人。うらやましい」

「でも淡泊でね。あまりHには興味なく、仕事ばかり」

そのうち知子さんは金玉まで
ねぶってくれました。

ねぶりながら竿をしごいてくれます。

黒の毛糸のオーバニーを履き
ウンスジつけたデブスおばさんが
ぼくのチンポをしゃぶっている光景を上から見ていると、
そのうち絶頂がきました。

「いく。出る」

ぼくは知子さんの乳の辺りに発射しました。

知子おばさんの乳の辺から精液が垂れていました。

「いっぱいでたわね」

「うん」

「また会ってこんなことしない」

「いいですよ。知子さんさえよければ」

それから月に1度、伺ってはDVDを見ながら
淫らな行為をしています。

黒網タイツに短めのスカートで
しゃぶってもらうのも良いです。

膣への挿入はできないので、
お互い気持ちのよい擬似SEX射精しています

 - 痴女体験談 , ,