おばさんH体験談 エロい熟女

エロいおばさん熟女のSEX告白

義母をレイプSEX

      2017/12/20

厚化粧の義母はまぁ堅物なババアだ

習字の先生をしていて
行儀についてまぁ口うるさい

俺だけになら良いが
俺達夫婦の子供にも口うるさいババア

孫なら可愛いはずなのに
まだ3才と5才の子供に対しても
手厳しくて、すっかり子供達は
自分の祖母に会うのが嫌がってしまってる

でも会わない訳にはいかないんだよ

だって家と嫁の実家は凄く近くて
義母は「偵察」って言葉がぴったりの感じで
訪問してくるんだから

ちゃんと炊事洗濯してるかしら?

孫達はお行儀よく過ごしてるかしら?

まじでこんな風にやってくる

嫁も若干自分の母親にうんざりしている

孫が出来ればお母さんも角が取れるかな?って
思っていたらしいが

孫ができてさらにパワーアップしてしまった

私が頑張って躾してあげるわよ!
まだまだ老いてられないわ!

って元気になっちまっている

俺も大分そんな義母にムカついていた

そして、休日に嫁が子供二人を連れて
車で買い物に行っている時の事だ

一緒に買物に行っても良かったけど
大分家の中が散らかっていたから
俺は自宅に残って掃除する事にした

そしたら来ましたよ

義母が

休日ぐらい家でゆっくりしてりゃいいのに来て
さっそく小言がはじまる

「あら!たかふみさん!
そんなに雑な動かしかたじゃ
いくら掃除機をかけても綺麗になりませんよ!」

俺の怒りゲージも徐々に急上昇

怒りを沈めるために
置いてあったコンビニの菓子パンを食べようとすると

「たかふみさん、そんなの食べるの?
添加物だらけで体によろしくないわよ!
2児のパパなんですから
もうっちょっと健康に気をつけないといけませんよ」

俺は切れたね

その日だけなら俺も我慢したけど
こんな小言がほぼ毎週あって
俺の怒りゲージを突破したね

俺はもう怒りに身を任せて
義母を掴み床に押し倒した

「ちょっとたかふみさん何を考えているの!
離しなさい!」

こんな風になっても義母は
いつも通りの気丈な態度で言ってくるのだ

全くもって可愛げのないババアだ

何を食ったらこんな堅物糞ババアになるんだよ

俺は義母のスカートを捲りあげて
強引にパンツを脱がしてやった

そしたら義母は身を起こして
ビンタをしてくる

「何してるの!反省しなさい!」

ほんと気の強いババアだ

俺はすかさずズボンを脱ぎ捨て
義母を羽交い締めにしてレイプしてやった

「あっ なっなっ何してるのよおおお
たかふみさん、いったぃい何を考えるのよぉおお」

乾いたマンコにブスリと挿入しても
まだ女の表情を見せやしねー

義母に女の顔をさせてやるって
思いっきりピストンしてやった

「っあっちょっと・・ちょっと駄目よ
たかふみさん だめよぉ・・あっぅうう」

「お義母さんも僕のチンコで気持ちよさそうな顔してるじゃありませんか
何が駄目んですか?気持ち良いって言ってよ お義母さん」

「馬鹿な事言わないで
そんな事あっあっ言うはずないでしょぅおお あっぁあん」

「でも顔には気持ち良いって書いてますよ
いつも生真面目なお義母さんもチンコを入れられると
そんなエロい表情になるんですねー」

「あぁあん、たかふみさん。。。あぁん
やめて。。そんな侮辱するような事はあぁああん
失礼よぉあぁあん」」

「まぁいいですよお義母さん
いくら口ではそう言ってもそのスケベな顔が
証拠ですからね いっぱい犯してあげますね」

俺は高速ピストンして強姦してやった

「あぁん もう何考えてるのぉおお
アァあん やめなさぃいいい」

結局最後まで気持ちいいぃ~とか言わなかったが
無断で膣内射精した頃にはすっかり快感堕ちしていた

「お義母さん、あんまり口うるさくいうのは止めてくださいね
また犯したくなっちゃいますから
それとも犯される為にしてたんですか?」

レイプされてボロボロになっている義母に
嘲笑うように言ってやると

「たかふみさん、こんな事許されないわよ
娘には黙っておきますけど、反省して頂戴!」

ときたもんだ

なかなかへこたれない義母

また二人っきりになったら
レイプしてやろうと思う

 - オリジナル体験談, レイプ体験談, 母子相姦体験談