おばさんH体験談 エロい熟女

エロいおばさん熟女のSEX告白

妻の排卵日に自宅の玄関でSEX

      2018/01/01

今日、出勤前にやってきたよ。

うちの奥さんと玄関でいってらっしゃいのチューしてたらなんかむらむらしてきて

そのまま奥さんのズボンとパンツをひん剥いてしまった。

奥さんも排卵日近くのせいか何の抵抗も無く俺にされるがまま。

パンツとった後テーブルに手をつかせてまずは立ちバック。

何にもしてないのにマムコぬるぬるしてたから、かるーくズボリって入ってしまった。

奥さんが「布団の上がいい」(隣に和室がある)といったので布団を敷かせた。

しき終わるかどうかのタイミングに中腰で俺に尻向けるもんだから半開きで濡れ濡れマムコが

丸見え。

たまらずまた立ちバック開始(^0_0^)

「正上位で逝きたい」奥さんが懇願するので仰向けにさせて股をおっぴろげさせた。

「はやくぅ。

刺してぇ。

あなたのティンティン。」

といい終わる前にまたまたズボ。

ピストンしながら今度のデートの計画を練る。

俺「どこ行く?」

奥「マターリ。したい。」

俺「何を?」

奥「エチー。」

俺「どこで?」

奥「ホテル。

エチーなホテルで。」

俺「旦那になれされたいんだ?」

奥「あなたの、精子を仕込んでもらいたいの。

ああ。

いっちゃうう。

どくどくだしてぇ」

俺「どこに?」

奥「おマムコぉぉぉぉ。

いやあ、出たよ。

抜いたらマムコから精液がドロドロ出てきた。

奥「ああ、パートの時出てきたらこまっちゃうう」

と、ピンクに上気した顔で言ってた。

なんか我が嫁ながらかわいいぞ(藁

明後日が楽しみだなあ。

有給とって奥さんとセクースデートしてきますわ。

もちろん中田氏オンリーで。

帰る頃は奥さんのマムコ精液臭いぞ間違いなく。

 - 夫婦の営み告白